D62ABBCA-E542-4F22-9DB3-82CFFFB4F8C9

【追悼】 La’cryma Christi/ALICE IN MENSWEAR KOJIさん 追悼特集

2022年4月22日、4月15日に、La’cryma Christi/ALICE IN MENSWEAR のKOJIさんが食道がんのため永眠、と公表された。

ヴィジュアル系全盛期である90年代。
当時、ヴィジュアル系四天王と呼ばれていたバンドがいます。その一つが、La’cryma Christiです。

1991年La’cryma Christiの前身バンドとなる「STRIPPE-D-LADY」の結成時から、KOJIさんはギターを務めていました。
その後ラクリマのギターとして、メジャーデビュー。
2005年に一度ラクリマから脱退しましたが、2009年の再結成時に再加入。

ヴィジュアル系界を代表するギタープレイヤーのKOJIさん。
今回のこの記事は、KOJIさんの活躍をまとめてみます。


D62ABBCA-E542-4F22-9DB3-82CFFFB4F8C9

追悼 特別企画 ヴィジュアル系ギタリスト KOJIさん
ヴィジュアル系四天王 La‘cryma ChristiのKOJIさん

La’cryma Christiのギタリストとして有名なKOJIさんですが、La’cryma Christiの楽曲を作曲もしておりました。

KOJIさんが作曲した名曲といえば「永遠」
1999年に放送されたTAKAさんも出演していたドラマ『天国のKiss』の挿入歌としても有名です。ドラマのライブシーンではLa’cryma Christiのライブ映像が使用され、KOJIさんも少しうつっていたと思います。

永遠/La’cryma Christi

La’cryma Christi 永遠 MV

La’cryma Christiといえばこの曲。名曲でもあります「未来航路」もKOJIさんが作曲しています。

未来航路/La’cryma Christi

La’cryma Christi 未来航路

そのほかLa’cryma Christi の動画はこちら

ヴィジュアル系四天王の名曲=ヴィジュアル系界の名曲って言っても良いですよね?
そんな曲を複数、作曲していたKOJIさん。
本当に凄い方ですよね。

ALICE IN MENSWEAR などKOJIさんのLa‘cryma Christi以外の活動

彼の活動はLa’cryma Christiだけではありませんでした。
脱退後に、PIERROTを脱退した潤さんと北海道のBAND 「NIOI」のメンバーとして活動していた翔太さんの3人とALvinoを結成。

また、THE ALFEEの高見沢俊彦さんの月姫のMVにも出演。
その後もLIVEやレコーディングのサポート等の活動もしています。

2017年には、La’cryma Christiの盟友 HIROさんとジョイントLIVEも開催しました。
2018年の3月17日のLIVEでALvinoは活動休止。

ALvinoを活動休止後の約1年後、2019年にex.MASCHERA ex.S.Q.Fのmichi.さんとALICE IN MENSWEARを結成。この2人だからこそ表現出来る世界を作り出しました。

ALICE IN MENSWEARのGEARS OF DESTINYはKOJIさんとmichi.さんの初めての共作の曲です。

ALICE IN MENSWEAR GEARS OF DESTINY LIVE

また、Youtubeにアップロードされている曲解説動画もお二人ならではでとっても聴き心地が良いトークでした。
本当に、もう聞けないのが悲しいです。

ALICE IN MENSWEAR 曲解説 PART.5~ GEARS OF DESTINY、ALFHEIM~

そのほかALICE IN MENSWEARの動画はこちら

ガンと闘病生活とmichi.さんとの30年の絆

2020年に食道がんを公表。手術を受け、寛解に向かっていると思いきや、
手術から約1年経った2021年に「身体の複数箇所にガンの転移が見られる」との事でした。
私たちがそれを知ったのは、KOJIさんがHPにアップした2022年2月ごろです。
再発の発表と同じごろ4月にライブを行うことが発表されました。

その時のご本人のツイートやその際にHPに載せられたKOJIさんの文章が、
本当に彼のギタリストとしての思いや、ガンと戦う覚悟が垣間見えるコメントです。

ギタリストとしての覚悟、事前収録という形ではあれど、最後の最後までライブで自分のギターの音でファンに音楽を届けるという覚悟やファンに対する思いが読み取れますよね。

このKOJIさんの思いを受け止めたのが、ALICE IN MENSWEAR の相方であるmichi.さん。
4月22日に今回の訃報を発表したのもmichi.さんでした。

4月12日生まれのKOJIさん。49歳の誕生日を迎えた数日後の4月15日に息を引き取ったそうです。
イベントは4月17日。
亡くなった翌々日のイベント。KOJIさんの思いを引き受け、KOJIさんの出演は叶わないけれど、配信ライブを実施したのは相方のみmichi.さんでした。
また、ガンに侵されながらも、事前に収録したものを流し、擬似ツインギターでALICE IN MENSWEARとしてライブを去年の12月にも行っており、
なくなる直前までギタリストとして貫き、それを貫きたいKOJIさんの思いを込めたイベントが、
それを30年歴の友人でもあるALICE IN MENSWEARの相方michi.さんが叶え、KOJIさんの思いを貫かせてくれた感じがしますね。

そしてそのイベントの数日後の4月22日…
KOJIさんの訃報を発表したmichi.さんのTweetはこちらです。

ヴィジュアル系界にとって“偉大な存在”であったKOJIさん

La’cryma ChristiのメンバーのTweetを
まずは同じGt.HIROさんのTweetを。

Ba. SHUSEさんのTweetも思いが伝わります。

Dr. のLEVINさんのTweet

La’cryma Christi以外の方々も続々とコメントを寄せました。

DのHIDE-ZOUさん


KOJIさんの人柄が伝わってきます。

PENICILLIN 千聖さん

youさんのTweetも同じギタリストとして

KOJIさんの訃報の発表の後にたくさんの追悼Tweetが。たくさんのアーティストの方がコメントを寄せました。
改めてKOJIさんがヴィジュアル系界を支えていた偉大な方であること、多くの人に慕われ続けたKOJIさん。
49歳という若さで亡くなってしまう悔しさ、ガンの怖さを思い知りました。

本当にありがとうございました。
ご冥福を心よりお祈りし致します。
V系ロック.net編集部一同